All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'07.14 (Wed)

きゅうりのキムチ





ルーちゃんのお散歩から帰ってきて


お庭の畑の観察に行くと
s-DSC00069.jpg
かぼちゃの花が咲きだしていて


こちらは
s-DSC00068.jpg
かぼちゃの赤ちゃん
まだまだ、食べられませんが
初めてのかぼちゃ作りなのに
すくすくと育っているのが嬉しいです


今日の収穫は
s-DSC00070.jpg
ししとう&とまと

ししとうは、辛いと可愛そうなので
とまとを、ルーちゃんのご飯に入れました



そして
s-DSC00072_20100714184453.jpg
旦那さまのきゅうり(昨日採れたものですが)


買い物で
s-DSC00073_20100714184453.jpg
キムチの素を買ってきて


ディノままに教えていただいた(レシピは、11日のコメント見てくださいね!)
s-DSC00087_20100714184452.jpg
きゅうりのキムチを作りました~


キュウリもなかなかお高く
買ってきて作るのは、もったいない感じもしますが

お家で採れたきゅうり
贅沢に4本使って、モリモリ食べて
とっても、幸せな食卓でした!





18:54  |  畑のおはなし  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

さっそく作っていただけましたかぁ~~v-10
お味はいかがでしたか?
ディノ家は呑んべえ?いや酒乱?なのでおつまみにはもってこいです(笑)

さて次は、ぬか床を作ってみませんか?
ただ匂いが嫌な方もいらっしゃるので参考まで・・・・
① ご近所に精米するところがあれば、こぬかがあるので袋にいっぱいもらってくるといいよ。(あるのは田舎だけかな?)
② お湯をわかして、沸騰したら塩をいれ(少し塩辛い程度)さまします。
③ ②がさめたら①とまぜまぜ。 少しパサパサな感じまでまぜます。
④ 朝と夕方の2回、キャベツの葉っぱをいれてなじませる。
   (捨てづけといいます)
  でもディノ家はそのまま、キュウリをそのまま塩でもんでつけます。
  その時は、1日つけます。朝つけたら次の朝までおいておきます。
  最初はあまり味がしみこまないかもしれませんが、徐々に味がなじんできます。
⑤ 味がなじんできたら、朝まぜて漬け込み夕方取り出し、そのまままぜて次を漬け込むといった順序で2回つけこみます。
  もしつけることがなくても、まぜまぜだけはしてください。

(漬け方)
  きゅうり・・・一本のまま塩でごしごしすりこんでつけます。
  なす・・・・・へたの部分は残したまま、下の部分を十字に切り込みをいれます。
        切り込んだきりくちと皮の部分に塩をふりすりこんで漬け込む

(対策法)
  何度かつけていると、塩辛くなったり水気がでてきます。
  その時は、こぬかをプラス!!

  虫がついたら、とうがらしとにんにくを入れてください。

長くなりましたが、田舎の漬物です。 今は、ぬか床も売っているからそれでもいいかと思います。
長くなってごめんなさい。
ディノ家 | 2010年07月14日(水) 21:52 | URL | コメント編集

ディノままさま

ぬか漬けですね~e-257
挑戦、してみたかった漬けものです!!
ぬか床の、お世話が難しそうなので、挑戦はしていないのですが。。。

「こぬか」は、JAのお米売り場でいただけるかもしれません
今度、買い物に行ったときに聞いてみます


きゅうりのキムチ
一晩寝かせたものを、今日いただいたのですが
漬けたて、とは一味以上しみ込んでいて
旦那さまにとっても好評でした


これからも、ご指導をよろしくお願いしますe-267

naozoo | 2010年07月15日(木) 22:09 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://naozooo.blog105.fc2.com/tb.php/744-f4115a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。